チャットレディに必須!?メンタルをUPさせる方法とは?

チャットレディはメンタルが必要と言われます。
理由としては接客業の中でも特にコミュニケーションが必要なお仕事だからです。
顔もわからない男性会員とお話(チャット)をするだけでも疲れますし、中には面倒な人もいたりします。
そういった男性会員と上手くコミュニケーションをとりながら相手するのはかなり大変でしょう。
だからと言ってメンタルを鍛えるのは難しいと思っている方が多いのではないでしょうか??
実はメンタルというのは普段から意識しておけば
鍛えることができるのです。

チャットレディにはメンタル力が必要な理由

チャットレディは在宅の方以外は基本的に通勤チャットレディプロダクションに所属をしています。
主にプロダクションに所属していれば全面的なサポートをしてくれるのですが働くのは本人なので
ストレスなどを抱えやすいことが多く精神的に落ち込みやすい傾向にあります。

その背景にはチャットレディという仕事が影響しています。
サイトの会員さんは1分に100円~400円(サイトによって違います)という高額なお金を払っています。
なのでチャットレディへの要求も必然と高くなりがちです。
そういった会員を1日に数十人以上相手にすることになるのでメンタルが強くないとお仕事を長く続けるのも
しんどくなってしまいます。

メンタルが弱くなってしまう人の特徴

筆者もメンタルは決して強くなくかなり弱いほうだと思っています。
大したことじゃなくても落ち込んでしまう性格で物事を真剣に捉えてしまうので胃がキリキリするタイプです(笑)
そういうメンタルが弱い人の特徴をまとめてみました。

①完璧主義者
あらゆることに高いハードルを設定し、完璧に仕上げなければ気が済まないという人はメンタルが弱くなることがあります。

②内向的な人
内向的で、人とのコミュニケーションを取ることが苦手な人も、メンタルが弱くなりやすい傾向にあります。

③努力家
あらゆることに真剣に取り組む反面、嫌なことでも苦手なことでも全力で立ち向かってしまうため報われない時は落ち込んでしまうのです。

④頭が良い
頭が良い、あるいは、頭の回転が速い人のほうが、日常生活に起こる多種多様な出来事を幅広く、かつ深く認識してしまうことに原因があります。

どうでしたか?

当てはまった方はメンタルが弱いという自覚があるのではないでしょうか。

次項ではメンタルを鍛える方法をまとめました。

メンタルを鍛える方法とは?

日常的に意識することによってメンタルというのは強くなります。

周りにもすごくポジティブな思考な人っていますよね?

そういう方は普段から意識しているからメンタルも強くポジティブ思考で

物事を捉えることができるのです。

①他人に感情をされない
人のせいにしたくなる時もありますし、「あの人のせいでイライラする」そんな時もあります。 でも、自分以外の人に感情を左右されない気持ちを持つことが大切です。

②エネルギーを注ぐのは、自分が変えられることだけ。
自分で変えられることと、自分では変えられないことがあります。 メンタルの強い女性は、自分の力ではどうすることも出来ないものに腹を立てたり、時間をかけたりはしないのだそうです。

③自分を許し、気持ちを切り替えることが出来る。
「あの時こうしておけば良かった」と後悔することも多いですよね。 そこは気持ちの切り替えです。 「次、頑張ればいい」「明日からやり直せばいい」そう思うようにしましょう。

④「昔はこうだった」と、過去の自慢・栄光にしがみつかない。
“過去には学ぶが、囚われることはない。” 過去の栄光にしがみつくのは、今が充実してないことをアピールしているようなもの。”

⑤孤独とも上手に付き合うことが出来る。
女性は、どうしても集団で行動し、仲間を作りたがりますが、孤独と上手に付き合うことが出来る女性は、流されず、ブレることのない自分をしっかりと持っています。

一番大切なのは意識することです。

落ち込むようなことがあっても

「そうだ。こんなことで落ち込んではいけないんだ」とポジティブ思考で

前向きに捉えることが重要です。

そうは言っても難しい・・・。ポジティブ思考でいこう!

ポジティブな思考というのは大切です。
何事も前向きに捉えて行動していく力がメンタル力アップにもあります。
チャットレディという職業はメンタルが弱い人はずっと落ち込んでしまい自身のお給料にも直結するので
危険です。
通勤の方はプロダクションのサポートがありますが在宅の方は一人で抱え込むことが多いため辛くなったら
ポジティブ思考でいきましょう。

ワンポイントアドバイス
とにかく意識をすること。そして、ポジティブ思考であること。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする