チャットレディは時間単価を意識しないといけない。

チャットレディは高時給である。
月給100万円以上稼いでいるチャットレディの平均時給は5000円以上ともいわれています。
そんな高時給のチャットレディになるためには意識しないといけないことがあります。

時間単価は重要!

簡単に言うと”時給”ですね。

バイトには必ず時給というのが存在し、地域によっては最低賃金という形で「最低でも●●円を時給としなさい」という厚生労働省が決めた規則があります。

ちなみに大阪の最低賃金は909円となっております。(発行年月日9月30日)

地域別の最低賃金早見表はこちらからみれます。

https://pc.saiteichingin.info/

と話が脱線したのですがチャットレディという職業には時給というのは存在しません。
チャットレディの職業形態が業務委託となっているため労働基準法を始めとする労働関係法令が適用されないのです。
その代わり、就業規則もないため「30分だけお仕事したいです」っていうのも可能です。
逆に「24時間働きたいです」っていうのも可能です。

なのでチャットレディには時給という概念がないということ。
そして、時給100円の人もいれば、時給5000円の人もいるということを覚えておきましょう。

時間単価をアップさせるためには?

Aさん(20歳)
平均時給900円×稼働時間8時間=7200円

Bさん(27歳)
平均時給2000円×稼働時間5時間=10000円

Aさんは8時間働いてお給料は7200円なので時給換算すると
900円/h」になります。

しかし、Bさんは5時間働いてお給料は10000円なので時給換算すると「2000円/h」になります。

Bさんのほうが時給が良いので効率的に働いていることになります。

これについては容姿、スタイル、接客能力、常連顧客の数などにかなり左右されますがチャットレディの時給をアップさせる方法が一つあります。

それは待機している時間を減らし1回あたりのチャット時間を長くすること

パーティチャットでも1時間チャットしていたら
「時給1800円~2700円」あります。

2ショットチャットなら1時間チャットで
「時給3600円~7200円」です。

※上記はアダルトライブチャットの報酬で計算しています。
また、パーティチャットは1人の会員さんのみとチャットした場合なので参加人数が増えれば2倍以上にはねあがります。

つまり、時給が低いチャットレディというのは働く時間の半分以上が待機時間になっているのです。
逆に時給の高いチャットレディは働く時間の8割以上がチャット中となっているため時給換算すると高くなるのです。

1回あたりのチャット時間を伸ばせれば時給はアップする

待機が長いチャットレディ
待機 30分

チャット 5分

待機20分

チャット 10分

待機25分

チャット 15分

待機15分

120分の内チャット時間は「30分」

待機が短いチャットレディ
待機15分

チャット 50分

待機10分

チャット 45分

120分の内チャット時間は「95分」

つまり、時給が低いチャットレディは待機が長い。
そして、1回あたりのチャット時間が短いため何度も待機をしてしまう。
よって時給換算すると低くなってしまうというわけです。

稼いでいるチャットレディでも待機が長いことはよくあります。
それはサイトを見ているとわかるのですがランキングとかに載っているような女性でも20分~30分待機することがあります。
でも、1回チャットに繋がるとすごく長いんですね。
ずっとつながっているような感じ。
まずは待機時間を減らすためにチャット時間を伸ばすようにしましょう。

ワンポイントアドバイス
時間単価を上げるのは1回あたりのチャット時間を長くすることを意識しよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする