今だから言える。在宅チャットレディがオススメな3つの理由

在宅ワークを探していると必ず「チャットレディ」というワードを耳にすることがあるかと思います。

もし、在宅ワークを探している方でたまたま当サイトに来た方もいらっしゃるのではないでしょうか。

それくらい在宅ワークとチャットレディというのは密な関係があります。

在宅チャットレディがオススメな3つの理由

報酬率が高い

在宅チャットレディのメリットの一つは報酬率です。
大体40%~50%が妥当かと思われます。

通勤チャットレディはマンションやテナントビル運営の場合、賃料や光熱費、チャットルームの設備投資など費用がかかります。
そして、人件費も当然かかります。
なので女性への支払いというのは在宅チャットレディの場合と比べると少し安くなります。
その代わり、通勤チャットレディは専任のスタッフが常駐しておりいつでもサポートを受けることができるのが稼ぎやすいというメリットも存在します。

ノルマがないので自由に働ける

在宅チャットレディは自宅でお仕事をするので当然ノルマもなければシフトの強制などもありません。
自分の好きな時間、空いた時間にチャットをすることができます。

そもそもチャットレディという職業は雇用契約はなくそれぞれが個人事業主です。
なので通勤チャットレディだったとしてもシフトの縛りなどは本来はなく辞めるのも自由です。
が、中にはプロダクションの独自のルールで「シフトは1週間以内に提出」、「1日最低●●円稼がないといけない」、「休むときは代わりの人を見つけてから」など
あまり自由ではないプロダクションもあるそうです。
そういう意味でも自由に働きたいという方は在宅チャットレディがオススメではないでしょうか。

スマホさえあればお仕事ができる

今までは在宅にてチャットレディを刷る場合はそれなりに環境を整える必要がありました。

パソコン
WEBカメラ
ヘッドセット
プロバイダー契約(ネット回線)

現在ではスマホの普及が当たり前になっており誰もがスマートフォンを持っています。
そして、ライブチャットサイトもどんどんスマホへの対応化をしており、スマホから映像配信を行うこともできます。

つまり、スマホさえあれば在宅チャットレディになれるということです。

在宅チャットレディの大半はノンアダルト

在宅チャットレディはノンアダルトが多いです。
その理由としては「ノンアダルト×通勤」というのはあまり相性がよろしくないからです。

まず、通勤というのは当然交通費もかかりますし、時間の縛りなどがあります。
なのでそれに見合うだけのお給料を1日に持って帰る必要があります。
が、ノンアダルトだと1日1万円のお給料を持って帰るというのは現実的に厳しいのです。

不可能ではなく厳しい。

実際にノンアダルトで稼いでいる女性もいますがお仕事している時間は一般のサラリーマンよりも長いです。
つまり、通勤でそれに見合うだけのお仕事時間をするのであればアダルトにいくのがどう考えてもスマートなのです。

結果的にノンアダルトでチャットレディをするのであれば在宅でするのがベストです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする