姿勢を正して待機をすることはチャットレディにとってメリットが豊富である

デスクワークをしている方で自然と前のめりになって猫背になっている方はいないでしょうか??

姿勢は意識しないと悪くなる一方で改善することがありません。

2010年頃に流行ったダイエットグッズのバランスボールが姿勢矯正の目的で企業に導入されて椅子の代わりに使っていたという記事をみたことがあります。
確かにバランスボールに乗ると転げ落ちないようにバランスを取らないといけないので姿勢が自然とピシっとなるんですね。

姿勢が悪いチャットレディが男性受けしない理由

チャットレディは待機をしながら会員さんが入室するのを待つのですが待機の姿勢が悪いというだけで会員さんからの印象は悪くなります。

よく待機中にNGとされる行為に

・肘をつく

・ソファにもたれる

・下をむいてスマホを触っている

・寝転がっている

などがあります。

全ての行為に共通するのは「姿勢が悪い」もしくは「姿勢が悪いように見えてしまう」ということです。

意識をしないと姿勢は改善しない

プロダクションがチャットレディが待機が長い場合にレクチャーすることの一つにも「姿勢を正す」があります。

長時間ソファに座っていると自然と姿勢が悪くなってしまうため最初は意識をしていても徐々に悪くなっていき次第にはダメな待機へとなってしまいます。

姿勢は意識をすることによって改善できるが時間の経過とともに姿勢は悪くなってしまうので根気が必要です。

バランスボールなどは良い例でボールの上に座ることによって自然と姿勢が正しくなります。
そして、姿勢が悪くなるとボールから落ちてしまうということになるのでバランスボールに座っている時は常に良い姿勢になっているということになります。

(さすがにチャット中にバランスボールをしているのはおかしいので日常生活で使いましょう笑)

姿勢が悪いとどんなデメリットがあるの?

肥満の原因

姿勢が崩れると内臓の位置がずれてしまい、内臓に負担がかかります。
負担がかかり過ぎてしまうと内臓が本来の正しい働きをしなくなり、その結果、消化吸収がうまくできなくなり肥満を助長します。

また、血液の流れが悪くなるために、血行不良が起こり、代謝は低下していきます。
代謝の低下は、脂肪燃焼効果を下げてしまいます。
このことでも、太りやすい体質になってしまう原因になるということです。

コリや痛み、睡眠障害

悪い姿勢をとっていることは、一部の筋肉だけがカラダを支えて、緊張したままで姿勢を維持している状態です。
つまり、カラダの一部に対して特に負荷をかけることになります。
そのせいでカラダのあちこちにコリや痛みが発生する原因になります。

立ったり座ったりするだけでも、カラダは疲れやすくなります。カラダにコリや痛みがあると、筋肉は緊張したままの状態が続くので、ベッドに入っても寝付くことができず、熟睡できなかったり、ひいては不眠症を引き起こすなど、睡眠障害を招くことがあります。睡眠の質が悪いと疲労もたまってしまいます。

むくみやすくなる

姿勢が悪いと筋肉が硬くなり、血行やリンパの流れが悪くなります。
それによって水分の流れも滞って、顔や足などがむくみやすくなります。

精神的な不安

悪い姿勢は、精神的な面でも悪影響を及ぼします。不眠症は精神的なストレスに繋がります。また、自律神経失調症やうつ病などの精神的な疾患を抱える人は、傾向として浅い呼吸の方が多いようです。

実は呼吸は、姿勢と密接に関係しているのです。姿勢が悪いと、息を吸うときに横隔膜や肋骨をうまく動かすことができなく、十分な空気を体内に入れることができません。

そのために呼吸は常に浅くなり、脳内神経伝達物質の活動を抑制し、精神的な不安につながっているようです。さらに姿勢が悪いことで、うつむきがちになることも、後ろ向きなイメージを自身へと植えつけ、うつ病などの原因になるといわれています。
胃腸などの不調によるカラダへの不安も精神的な疲労を生みます。

呼吸や姿勢が健康的な生活に大きく寄与することは、様々な研究結果によって導かれています。

姿勢の改善はチャットの接続率に繋がる。

つまり、待機中の姿勢が悪いというのはやってはいけないNG行為を自然とやってしまっているということに繋がります。

そして、姿勢は意識をしないと改善することはありません。

待機が長い方はもしかすると自然とダメな待機をしてしまい接続率の低下を意図的にやっているかもしれません。

姿勢の改善はチャットの接続率がUPしてくれ、自身の身体や精神にも良い影響を与えてくれます。

待機が長くて稼げないと悩んでいる方は一度自身の姿勢を見直してみてはいかがでしょうか??

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする