チョコを食べると美容や健康に絶大な効果があった!

チョコレートは「太る」、「虫歯になる」、「食べ過ぎると健康に悪い」などと言われていますが実は美容効果や健康効果があるというのはご存知でしたでしょうか??

チョコレートの主原料はカカオですがそこに砂糖や乳製品、添加物などが加えられて作られています。
このカカオが実は美容や健康にとって効果があるのですが安価なチョコレートにはカカオの代わりに植物油脂が使われていることがあります。

そのためチョコレートのカカオ成分を重視する場合はきっちりと成分を見極めないといけません。

高カカオポリフェノールや高カカオチョコレートと総称されることがあります。

高カカオポリフェノールの様々な効果

チョコレートの材料、カカオ豆にもカカオポリフェノールがたっぷり含まれています。

実はこのポリフェノール、自然食品から摂取することが意外に難しいことはあまり知られていません。

では、比較的効率よく摂取できるものはないのでしょうか?

実は、それこそ素材を丸ごと使うことができるカカオ豆なのです。ポリフェノールが豊富に含まれ、しかも気軽に利用しやすい食べ物、その代表がチョコレートやココアというわけです。

血圧低下

血管が詰まり、細くなることで血圧は上昇しますが、カカオポリフェノールをとることで、血管を広げる作用が期待できることがわかりました。

動脈硬化予防

動脈硬化を引き起こす原因のひとつは、体内に生じる活性酸素によってコレステロールが酸化されること。カカオポリフェノールは強い抗酸化力で、酸化を抑える働きが期待されています。

美容効果

見た目年齢が若くても、肌は年齢とともに老化します。カカオポリフェノールは、肌老化の原因のひとつである「活性酸素」が引き起こすトラブルを防ぐことが期待されています。

アレルギーの改善

アレルギーの発症には過剰に作られる
「活性酸素」が関わっています。カカオポリフェノールは、この活性酸素を生み出すさまざまな因子の働きを抑制することが報告されています。

脳の活性化

脳は加齢とともに記憶や学習などの認知機能が低下します。カカオポリフェノールは、脳の栄養といわれる「BDNF」に働きかけ、認知機能を高められる可能性があります。

便通改善

便通をよくする方法には、便のかさを増すことと、腸内環境を整えることがあげられます。世界で初めて抽出に成功したカカオプロテインの消化されにくい性質(難消化性)には便通改善の働きが期待されます。

毎日カカオポリフェノールを摂取して健康志向のチャットレディになろう

実は、カカオポリフェノールは、1度にたくさん摂取しても
排出されてしまいます。
そのため、必要な分を毎日少しずつ摂り続けることが大切とのことです。

一般的には、1日に200kcal程度の間食が適量(厚生労働省)だと言われていますので、おいしく健康に食べたい目安は
1日3枚から5枚がおすすめです。(約84kcal~約141kcal)

チャットレディの仕事をするとチャットの予約やイベントの時間帯などに出演したりするため不規則な生活になってしまいます。そうなってしまうと食生活も乱れてしまい健康に悪くなってしまうことがあります。

チョコレートであればちょっとしたチャットの合間に一口食べることができる上に

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする