チャットの会員さんはどんな目的の人が多い?

「チャットの会員さんってどんな目的でくることが多いですか?」

という問い合わせを頂くことがあります。

実際にチャットの会員さんがどういった目的なのかを知るためにはチャットレディとなって会員さんとチャットをするしかありません。

今回は所属チャットレディから聞いたチャットの会員さんの多い目的についてお話したいとおもいます。

チャットの会員さんは目的がある

男性が女性と遊ぶにはそれなりにお金が必要になってきます。
キャバクラや風俗、銀座クラブ、ライブチャットなど女性と遊びたいがためにお金をつぎ込む人がたくさんいます。

ユーザーの平均利用料金

キャバクラ・・・50分〜60分で1人5000円〜10000円

風俗・・・60分〜80分で1人18000円〜30000円

銀座クラブ・・・最低3万円〜10万円以上

ライブチャット・・・60分で6000円〜24000円

※上記は相場のため金額は上下します。

最低でも5000円以上はお金が必要ということですね。
それでも男性は目的がなくお金を使ったりはしません。

「彼女がほしい」

「癒やされたい」

「話を聞いてほしい」

「寂しい」

「恋愛をしたい」

会員さんは何かしらの目的をもってチャットにきてくれます。会員さんの心情を知ることができれば人気のチャットレディになることができます。

恋愛をしたい

「日常生活をしていて出会いがなくて恋愛をしたことがない。」

こういった人はあまり女性に対して積極的になれないタイプの方です。
女性との恋愛を楽しみたいけれども実際にするのは面倒くさい、もしくはできないという人はチャットレディとの疑似恋愛を楽しんでいます。

女の子とお喋りしたい

彼女もいなくて結婚もしていなくて友人もあまりいない。

ちょっとでも女の子と喋って癒やされたいという目的でチャットにきている会員さんも大勢います。

自宅と仕事だけの行き来だけで女性と話す機会がないっていう方はチャットレディとお話をして癒されにきます。

出会い目的

いわゆる、出会い目的でチャットをする会員さんのことです。

サイト上ではチャットレディと会員さんの連絡先の交換は禁止されていますが交換しようとおもえば簡単にできちゃうので実際に出会っている会員さんもいるそうです。

あまりチャットの会員さんとしてはマナーはよくない方が多いです。

エッチなことがしたい

ライブチャットにおける定番になりつつあります。

自身の顔は見せずにネット上のチャットでエッチなことができるライブチャットのシステムは奥手な男性にとってはすごく魅力的です。

素人の女性とエッチなことができるチャットを目的としている会員さんが多いのも納得ですね。

しかし、アダルトライブチャットだけに限らずノンアダルトチャットでも行われています。

もちろんノンアダルトチャットではマナー違反でありチャットレディへのアダルト要求は禁止されていますが全て取り締まることはできずに放置されているケースがよくあります。

チャットレディはビジネスである。

チャットレディは頭が良くなければできないと言われることがあります。

ただ、本能のままに男性とお話をしてアダルトなチャットをしているだけでは稼げないです。

「ユーザーがどういった目的でチャットにきているのか?」という心情を把握するのはとても大切なことです。

ユーザーの目的がわかればどういった対応が効果的なのかがわかりますよね。

チャットレディはビジネスです。
会員さんの目的から結果を逆算して接客をしていくのがチャットレディビジネスの正攻法です。

稼げるチャットレディはユーザーの心理を理解して数パターン用意している接客術を使い分けています。
他のライバルであるチャットレディと差をつけるのはこういったワンランク上の接客になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする