風俗とチャットレディどっちがおすすめ?

女性限定の高収入バイトといえば「風俗」があります。

そして、「チャットレディ」も女性限定の高収入バイトです。

お給料や安全面、身バレのリスク、年齢制限など考慮すると風俗とチャットレディではどっちがおすすめなのか?

どちらもメリットがありデメリットがあります。

お給料面

風俗の場合

風俗は時給ではなくお客様を1人接客するとお店の料金に応じてお給料がもらえます。

例えば、60分16000円のコースをお客様が選び接客をすればだいたいその半分くらいが女性の手元に入ります。

一人あたり8000円の報酬だとすれば1日に5人接客すると40000円のお給料となります。

これだけでもかなり高額なのがわかります。

チャットレディの場合

チャットレディは風俗と違って少し特殊です。

獲得pts✕報酬率=お給料

となります。

例えば、ライブチャットサイトにて会員様がポイントを購入します。
そのポイントを使って気に入った女の子とチャットをします。

そして、チャットレディはお客様とチャットをすると1分単位でポイントが報酬としてもらえてそれをお給料に換算するシステムとなります。

例)1日に50000ptsを獲得した場合

一般的なプロダクション(報酬率30%)
50000pts✕30%=15000円

当社BrilliantGirls(報酬率35%)

50000pts✕35%=17500円

1日の平均獲得ptsはチャット時間にもよりますがだいたい30000〜100000ptsです。

これはチャットレディによって差がでますが日給3万円あればかなり稼いでいるチャットレディになります。

安全面

風俗の場合

本番なしの風俗であっても安全に関しては接触型のサービスのため性病のリスクを伴います。

会員様への性病の検査などはできないので1日に接客をするお客様が多ければ多いほどリスクは高まるでしょう。

チャットレディの場合

インターネット上の接客サービスのため実際にお客様と出会うことはないので安全です。

個人情報などは全てサイト側で管理しているので漏れることは絶対にあり得ないためその点も安心ですね。

年齢面

風俗の場合

一番稼ぎやすい年齢は10代〜20代前半です。

年齢が高くなればなるほど若い女性が働くお店では働けなくなってしまうので人妻・熟女専用の風俗になってしまいます。

チャットレディの場合

チャットレディも同様に稼ぎやすい年齢は10代〜20代です。

風俗と同じく30代以上の女性専用の人妻・熟女ライブチャットがありますので年齢制限は実質ありません。

しかし、チャットレディの利点は顔出しをしなくても働くことができるので年齢を若く設定をして顔出しなしいうことも可能です。

身バレ面

風俗の場合

接触型サービスのため直接お客様と会い接客をしないといけません。

そのため知人の男性などがお客様としてお店に来た場合はバレてしまいます。

お店によってはお客様の顔を確認できるモニターがあったり、派遣場所のNG地域を指定できるところもあるようです。

最近は女性の身バレ対策に力をいれている店舗も多いようですね。

チャットレディの場合

インターネット上のサービスのため一番簡単な身バレ対策は「顔出しをしない」ことです。

顔を出さなければ9割以上バレません。声や仕草、私服などバレてしまう要因を出してしまえば話は別ですが・・・。

チャットレディにおけるリスクはネットへの流出です。
これに関しては完全に防ぐことは不可能です。

最新のiphoneでは画面録画機能がついていてスマホの画面を録画することが可能です。

しかし、各ライブチャットサイトも対策をしており録画機能を押すとチャット映像が止まる仕組みになっています。

風俗とチャットレディどっちがおすすめ??

短期的に稼ぎたいなら風俗

風俗は短期的に稼ぐのであれば高収入を瞬発的に稼ぐことが可能なのでおすすめです。

半年以内に100万円稼がないといけないということであれば風俗のほうが確実に稼げます。

しかし、リスクを伴うためしっかりと考えてからお仕事をする必要があります。

長期的に稼ぎたいのならチャットレディ

チャットレディは短期的に稼ぐのよりも時間をかけて常連さんを作っていくテクニックを学んでいって稼ぐのに適しています。

すぐに月収30万円を稼ぐには週4以上の勤務と6時間以上の稼働は必須です。

そして、ノンアダルトチャットではなくアダルトチャットが大前提となります。

その代わり、稼げるようになれば安定して月収30万円以上は稼げる上にリスクが少ないのもメリットです。

身バレ対策をしっかりしていれば知人バレも気にせずにお仕事可能です。

また、在宅でもお仕事ができるのもメリットの一つです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする