在宅のデメリット

在宅チャットレディのデメリット

直接的なサポートを受けることができない

チャットレディで長く稼ぐにはノウハウが必要です。
そして、そのノウハウを生かすためには専門的なサポートが大切です。

通勤型プロダクションでは24時間専任のスタッフがいるのでサポートを受けることができます。

・プロフ写真の撮影、加工

・チャット中のアドバイス

・パフォーマンスの仕方

・メイクのやり方

・衣装やコスプレの選び方

・ウィッグの手入れや着用方法

・キレイに見える照明の使い方

・アドバイスや相談に乗ってくれる

・アダルトグッズの使い方

など、在宅では受けることができません。

近隣住民とのトラブルが起こる可能性がある

在宅でのチャットにおける近隣住民トラブルとは「騒音問題」です。

在宅の場合は稼ぎやすい夜間や深夜の時間帯にチャットをすることが多くなると思います。
自宅が防音性能が高かったとしても夜間の静まった環境では声や雑音が聞こえてしまいます。

過去、家族や高齢の方が多いマンションにてプロダクション運営をしていた方が騒音問題でマンションを退去することになったという話を聞いたことがあります。

同じく在宅でチャットをしている場合も同様に隣人の方にチャットをしていることがバレてしまうケースもあります。

そういった面で在宅チャットレディにはデメリットがあるといえるでしょう。

彼氏や旦那さんがいるとチャットをしているのがバレやすい

在宅でチャットをするとなると機材や環境を揃えないといけません。

普通に生活をしている女性が自宅に「WEBカメラ」「照明機材」などは少し違和感があります。

在宅でのチャットに慣れてくるとチャットレディに必要な機材や環境が揃ってくるので彼氏を家に入れることは難しくなります。
旦那さんがいる方はもっと厳しいでしょう。

在宅でチャットレディとして稼ぐために必要な物を集めれば集まるほど不利な状況になるケースもありますのでこれはデメリットといえるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする